【2024年スタートした新しいサービス】探偵のマッチングサイト▶▶▶【探偵の窓口】をチェック

探偵はどこまで調べられる?依頼できること・できないこと

探偵はどこまで調べられる?依頼できること・できないこと

探偵に調査をお願いしたくても、依頼できる範囲がわからなくて尻込みしている方は多いです。この記事では、探偵に依頼できることとできないことの境界について解説します。

探偵に依頼する前に知っておくべきポイントが明確であれば、無駄なトラブルを避けられます。

この記事を読めば、探偵の手法と法律の限界がわかって、調査依頼よりスムーズに進められます

読みたい内容をタップ

探偵に調査依頼できること

探偵に調査依頼できることは以下のとおりです。

  • 浮気や不倫の実態
  • 行方不明者や失踪者の追跡
  • 個人の素行や経歴
  • 取引先企業の信頼性

浮気や不倫の実態

探偵に調査依頼する一般的な内容として浮気や不倫の実態が挙げられます。女性よりも男性のほうが浮気や不倫をしやすいです。風俗利用を除いても、男性の5人に2人が不倫をした計算結果もあります。浮気や不倫は、多くの人が遭遇する可能性のある問題です。
» GOETHE

不倫を行う理由はさまざまで、夫婦間のコミュニケーション不足や性的な不満などが挙げられます。スマートフォンやSNSの普及により、不倫が簡単にできてしまう時代です。パートナーの行動に変化が見られたり、秘密が増えたりすると、浮気や不倫の兆候であることが多いです。
» iPhoneで浮気を見破るポイント

行方不明者や失踪者の追跡

行方不明者や失踪者の追跡も探偵に調査依頼すべき内容になります。探偵は以下のように行動して調査を進めます。

  • 行方不明者の最後の目撃情報の収集
  • 失踪者の携帯電話やSNSの利用履歴分析
  • 失踪者が頻繁に訪れていた場所の特定
  • 生活習慣や日常生活の分析

上記のような専門的技術と経験を駆使して、行方不明者や失踪者を見つけ出す確率を高めることが可能です。

個人の素行や経歴

個人の素行や経歴の調査は、特定の人物に関する詳細な情報を集めるために、よく探偵に依頼されています。過去の行動や背景を知ることは、対象者の性格や信頼性を判断するうえで有効です。具体的には以下のような内容について聞き取り、調査を進めます。

  • 学歴
  • 職歴
  • 専門スキル
  • 趣味
  • 交友関係
  • 経済状況
  • 国内外の移動履歴

さまざまな経歴を洗い出すことで、調査対象者の素行が見えてきます。信頼に値する人であるかを見極めるために、欠かせない調査です。調査をした結果が良ければ、依頼者に安心感と信頼を与えます。適切な判断をするための基盤を構築するために、探偵が貢献しています。

取引先企業の信頼性

取引先企業の信頼性を調査するのも探偵の役割です。ビジネスを始める際、取引先企業の信頼性を確かめることは重要です。新たな取引を開始するタイミングで、相手を理解するために利用されています。具体的には、以下のような調査を行います。

  • 企業の財務状態
  • 代表者の経歴
  • 企業文化
  • 倫理観
  • 市場での評価

上記の5つが主な信頼の判断材料です。状況によっては、争いごとへの関連が洗い出されるケースもあります。重要な利害関係者とのつながりを確認することは、企業の状態を知るための貴重な情報となります。大きなビジネスを成功させるための分岐点になり得るため、慎重なチェックが求めましょう。

探偵に調査依頼できないこと

探偵に調査依頼できないことは以下のとおり。

  • 違法な手段を用いた情報収集
  • 個人情報保護法の範囲
  • 公的な記録の取得

違法な手段を用いた情報収集

違法な手段を用いた情報収集は絶対に行ってはならない行為です。法律違反であり、探偵自身が刑事罰の対象となる可能性が高いからです。具体的には以下の行為が対象になります。

  • 盗聴
  • 盗撮
  • ハッキング
  • なりすまし行為
  • 脅迫
  • 郵便物の無断開封

上記の手法をを使った情報取得は、個人の権利を侵害するものに該当します。知らなかったでは済まされないため、探偵に依頼をしないようにしましょう。個人情報の取り扱いには厳しい規制があるため、不正な方法での収集も違法行為に当たります。

個人情報保護法の範囲

個人情報保護法の範囲も探偵への調査対象外となります。個人情報保護法は、個人のプライバシーを守るために不可欠な法律です。収集したとしても、情報を本来の目的以外で使用したり、他人に無断で共有したりすることは禁止されています。
» 探偵事務所につけられた精神的苦痛

公的な記録の取得

公的な記録の取得は、個人のプライバシーに深く関わる大切な情報です。具体的には以下のような情報を指します。

  • 戸籍謄本
  • 住民票
  • 委任状が必要な書類

探偵は上記のような書類の無断取得はできません。不正な手段なため、公的記録を取得する行為は個人情報保護法違反となります。法律に基づく適切な手続きと、本人が認めた委任状が必要です。
» プライバシー侵害に関する法律と対策法

探偵の調査手法

探偵の具体的な調査手法は以下のとおり。

  • 尾行
  • 張り込み
  • 聞き込み
  • 特殊機器調査

尾行

尾行は探偵の調査活動で欠かせない手段の1つです。対象者の動向を把握するため、徒歩で行う方法や車を使って追跡する方法などがあります。場合によっては、探偵が変装して尾行をするケースもあります。

技術の進歩に伴い、GPSトラッカーを用いた尾行も可能になりました。対象者の動きをより正確に追跡することが可能です。探偵はGPSトラッカーを利用して、対象者の行動パターンや頻繁に接触する人物を特定します。
» GPSを使った浮気調査の方法

しかし、尾行は対象者に気付かれないよう、慎重に行われなければなりません。複数回の尾行が必要となり、同じ日時や場所で尾行を記録することもあります。

張り込み

張り込みも、探偵が調査でよく使う手法です。対象者の観察がすぐに終了するケースは少ないです。粘り強く張り込みをすることで、対象の活動パターンを把握できます。対象者の行動が予想される場所に定点を設けて、車内などで見つからないよう慎重に監視活動を行います。

張り込みは複数人で交代しながら行われることが一般的です。複数人で張り込めば、調査したかった情報をベストなタイミングで収集する確率が上がります。張り込み中は、写真や動画で記録を取り、目撃情報をもとに詳細なレポートを作成し、証拠として使用します。

対象者の行動を正確に把握し、クライアントに信頼できる情報を提供するために不可欠です。

聞き込み

探偵は聞き込み調査もします。地域住民や関係者から得られる情報をもとに、対象者の人間関係や行動パターンを把握できます。重要なのは、信頼関係を築きつつ、目立たないよう慎重に情報を収集することです。噂や憶測ではなく、事実に基づいた情報の収集が求められます。

聞き込みでは、倫理的な問題は避けて、プライバシーに配慮した内容であることが必要です。状況によっては、偶然の出会いを装って情報を集めるテクニックが使われる場合もあります。情報の正確さを確保するため、複数の人の聞き込み内容に整合性があるかを判断して信憑性を確保します。

特殊機器調査

特殊機器を使う調査は、さまざまな場合で役立ちます。具体的な特殊機器として、以下のようなものが挙げられます。

  • 高度な監視カメラ
  • 電子追跡機器
  • 通信傍受システム
  • データ復旧ソフトウェア

上記の特殊機器を活用して、普段の生活では見過ごされがちな小さな機器まで発見することが可能です。特定の物の位置を正確に追跡して、失踪者や浮気相手を発見することも可能です。データ復旧ソフトウェアは、消去されたと考えられるデータを復元して、詳しく分析することに使われます。

まとめ

探偵に依頼できる調査内容は不倫の証拠集めや失踪した家族の捜索など多岐に渡ります。ただし、調査活動はすべて法律の範囲内でしか実行できません。調査手法には尾行や張り込みなどの古典的な手法から、高度な技術を駆使した特殊機器まで幅広いです。

重要なのは、依頼側が合法的な範囲の調査内容であるとあらかじめ知っておくことです。残念なことに、違法行為や個人のプライバシー侵害をする探偵もいます。法律上許されないため、信頼できる探偵事務所や業者の選定が不可欠です。正しい知識を持って探偵を活用しましょう。
» 自分でできる浮気調査の方法

レスキュー隊員

最後までお読みいただきありがとうございました。

Kiwa
妻の不倫に悩んでいるサレ夫さんに向けて、役に立てるような情報を発信しています。
読みたい内容をタップ