【2024年スタートした新しいサービス】探偵のマッチングサイト▶▶▶【探偵の窓口】をチェック

探偵を雇うお金がないときの対処法!予算内で雇う方法と節約ポイントを解説

探偵を雇うお金がないときの対処法!予算内で雇う方法と節約ポイントを解説

少ない予算で探偵を雇う方法がないか悩んでいませんか?

本記事では、探偵を雇うためのコスト削減方法と具体的な実践ポイントを解説します。探偵を雇う費用は、支払い方法の工夫や依頼範囲を定めることで調整可能です。

サレ夫さん

ある程度のお金は必要だからな。少しでも予算はおさえたいところ。

読みたい内容をタップ

探偵を雇うお金がない場合の対処法

探偵を雇うお金がない場合の対処法

探偵を雇う前に、次のような代替策を検討しましょう。

  • 信頼できる友人や知人からアドバイスを求める
  • インターネットの掲示板やフォーラムで情報を集める
  • 低コストの監視機器を用意する
  • 法律相談所や消費者センターの無料サービスを利用する
  • 地域の社会支援団体やボランティア組織を利用する

支援サービスや基本的な調査方法を学べば、探偵を雇わず自分で問題解決も可能です。
» 自分でできる浮気調査の方法

低予算で探偵を雇う

探偵は低予算でも雇えます。探偵にはさまざまな料金プランがあるため、予算に合わせたサービスを選んでください。各社の料金プランを比較するのがおすすめです。

小規模案件に特化した探偵や地元の探偵を利用すれば、交通費などの費用を節約できます。オンラインやSNSでの調査に限定すれば、対面調査よりコストカット可能です。

次のようなサービスがある探偵も検討しましょう。

  • 簡易的な調査プランがある
  • 特別キャンペーンや割引がある

目的に応じ依頼の範囲を最小限にすれば、無駄な費用を抑えられます。

ラビット探偵社はちょくちょくキャンペーンをやっています。無料相談の時に聞いてみるのが一番です。
>>ラビット探偵社 公式サイトを見てみる

無料相談を利用する

探偵事務所の無料相談サービスでは、案件の見積もりやアドバイスを得られます。見積もりには調査方法や所要時間の目安も含まれるため、計画的な利用に有効です。

気軽に利用できる探偵事務所の例

  • インターネットで事前予約できる
  • 電話・メール・オンラインチャットで相談できる
  • 匿名・偽名での相談が可能で、プライバシーが保護されている

無料相談には事務所の対応や信頼性確認できるメリットもあります。初めて探偵を利用する方にとって、頼もしいサポートです。

>>無料相談するならココ!おすすめの探偵事務所

自分で調査する

自力で調査する場合は、SNSアカウントを徹底的にチェックしましょう。SNSに公開された多くの情報を活用して、交友関係や行動パターンを分析するのも有効です。

ほかにも、自力で調査する方法には以下のような例があります。

  • 情報収集用アプリやツールを使う
  • 地元公的機関の情報を集める
  • 関連する場所やイベントに参加する
  • 相談窓口や掲示板を使う
  • 知人に聞き込み調査をする
  • 写真・動画を定期的に撮影する

ただし、専門的技術が必要な調査や法令違反には注意してください。プロの探偵に比べ限界はありますが、適切なリサーチと慎重な対応をすれば自力でも調査は十分可能です。
» GPSを使った浮気調査の方法

探偵を安く雇うポイント

ここからは、探偵を安く雇うポイントを解説します。

依頼範囲を限定する

調査の目的を明確にすれば必要な依頼のみに限定でき、不要なコストを削減できます。

不倫調査では、相手の行動パターンや特定日のみに調査範囲を限定すれば、調査期間が短くなり費用も抑えられます。

自分では解決しない部分のみを依頼するのも有効です。

予算が少ないことを伝える

探偵を雇うお金がない状況で大切なのは、依頼先に正直に予算の上限を伝えることです。費用やサービス内容との兼ね合いから、予算に応じた調査範囲や期間を提案してもらいましょう。

見積もりを明確に提示してもらい、予算オーバーを避けることが重要です。

安く雇うリスクを理解する

探偵を安く雇うと多くのリスクが伴います。予算が低い場合や経験・スキルの足りない場合は、調査結果が低品質または誤った情報である恐れがある点に注意が必要です。

ほかにも、探偵を安く雇うと次のようなリスクがあります。

  • 予期せぬ追加費用が発生し総額が高くなる
  • プライバシー保護や法的対応が不十分で個人情報が漏洩する
  • アフターフォロー不足で問題への対応が不十分である
  • 必要十分な情報を得られない
  • 専門的な機材や技術を使わず調査の質が不十分である

トラブル防止のため、内容の曖昧な契約は避けてください。

探偵業の許可を得ていない業者を雇うと、法的問題に巻き込まれる可能性もあります。追加で別の探偵を雇うことにもなりかねません。

低予算で探偵を雇う際は、リスクを理解し慎重な選択が重要です。

探偵を雇うお金がない方におすすめの支払い方法

お金がなくても、探偵を利用する方法はあります。予算に応じた調査プランを提案してもらうことが大切です。

ここからは、探偵を雇うお金がない方におすすめの支払い方法を解説します。

分割払いを利用する

高額の支払いでは分割払いが便利です。現金をすぐ用意できなくても、探偵に依頼できます。

分割払いが可能かどうかは探偵によるため、事前確認が必要です。契約前に次の点を確認してください。

分割払いの確認ポイント

  • 支払い期間
  • 支払い回数
  • 利息の有無

分割払いなら、限られた予算でも必要な調査を依頼できます。ただし、手数料が発生するので総支払い金額が一括払いより高くなります。月々の支払い額が予算に合うよう、無理のない範囲で調整しましょう。

おすすめできない支払い方法

成功報酬制は一見良さそうなプランに感じると思いますが、お金がない方にはおすすめできません。成功した場合、100万単位のお金が請求されることもあります。

探偵を雇うお金がない人は、成功報酬制を選んではダメ

完全成功報酬制の最大のメリットは、調査が成功した場合のみ料金が発生することです。成功報酬制には2種類あるのをご存じですか?
>>2種類の成功報酬制について知りたい方はこちらをチェック

探偵にとっても、積極的に調査するモチベーションにつながります。

成功報酬制を選ぶ場合は、成功の基準を事前に明確にすることが大切です。未達成の場合に、余計な費用が発生しないかも確認する必要があります。

請求される金額が予測できないのが最大のデメリットです。いくら請求されるのか予測できないって怖くないですか?ですので、探偵を雇うお金がない人にはおすすめできません。

レスキュー隊員

最近は、成功報酬制を取り入れていない探偵事務所が増えてきています。

探偵の選び方

ここからは、探偵の選び方を4つのポイントにまとめて解説します。

探偵料金の相場を知る

探偵の料金相場を把握しておけば、適正な料金で適切なサービスを受けられます。

探偵料金は、調査内容・期間・難易度により大きく変動します。一般的な探偵料金の相場を表にまとめました。

1時間あたりの料金7,000円〜20,000円
1日あたりの料金70,000円〜150,000円

一般的な調査の総額は200,000〜500,000円程度です。次のような料金が加算される場合もあります。

  • 交通費や宿泊費などの実費
  • オプションサービス

探偵により料金は異なるため、必要に応じたサービスか見積もりで確認し、納得のいく契約を結ぶことが大切です。

探偵社の質を見極める

満足な調査結果を得るには、探偵の質を見極めることが大切です。第一に、実績や成功例をチェックしましょう。

ほかにも、質の見極めでは次のようなポイントが重要です。

  • 口コミや評価を参照する
  • 資格や認可の有無を確認する
  • 調査方法が合法かを確認する
  • 接客の質やサポート対応をチェックする

サポート内容については、次の点を例として確認してください。

  • 契約書に透明性がある
  • 調査後にもアフターフォローがある
  • 最新の調査機材や技術を持っている

最終的なコストパフォーマンスも考慮し、予算内で最適なサービスを提供する探偵を選びましょう。

後払いできるか確認する

後払い可能な探偵を選べば予算に応じた計画的な依頼が可能で、経済的な負担も軽減されます。

後払いが可能かどうかは、公式サイトや資料を参考にしてください。直接問い合わせるのも有効です。後払いの条件や制限、利息・手数料の有無など詳しく調べられます。

適切な支払い方法を選べば、無理なく探偵に依頼できます。支払い方法は事前に確認し、不要な費用負担を避けましょう。

複数社に見積もりをもらう

同じ調査内容について複数社から見積もりを取れば、料金を正確に比較できます。適正価格で質の高いサービスを受けられる基本的な方法です。

見積もりには、サービス内容と費用が明記されています。不透明な費用を避けるため、細かい内訳を確認しましょう。最初の見積もり以外に追加料金が発生しないか確認するのも大切です。

適切な探偵選びは費用対効果を高め、満足のいく調査につながります。
探偵事務所と直接やりとりをした無料相談の体験記事はこちら

まとめ

予算が少なくても、探偵を利用する方法はあります。無料相談の活用や、できる限り自力で調査するのも有効です。

ほかにも次のようなコツを試してみましょう。

  • 依頼する調査の範囲を限定する
  • 予算の上限を伝え、適切なプランを提案してもらう

低料金のサービスを選ぶときは、質の低下や予期せぬ費用の発生などのリスクに注意しください

分割払いや後払い・成功報酬制の探偵を選べば、支払い時の負担を軽減できます。事前に料金相場を調べ、複数社の見積もりを比較することも大切です。

今回ご紹介した方法を踏まえて、予算内でも信頼できる探偵を見つけましょう。
» 探偵はどこまで調べられる?

レスキュー隊員

最後までお読みいただきありがとうございました。

Kiwa
妻の不倫に悩んでいるサレ夫さんに向けて、役に立てるような情報を発信しています。
読みたい内容をタップ