【2024年スタートした新しいサービス】探偵のマッチングサイト▶▶▶【探偵の窓口】をチェック

浮気と不倫の違いは?男女別のきっかけと対処法を解説!

浮気と不倫の違いは?男女別のきっかけと対処法を解説!

浮気と不倫は、どちらも関係の危機や崩壊を招く行為です。しかし、浮気と不倫には大きな違いがあります。この記事では、浮気と不倫の違いについて解説

記事を読むことで、パートナーの行動を理解し、関係の修復や別れ方について学べます。混同せずに違いをきちんと理解し、自分が直面した場合に備えておきましょう

読みたい内容をタップ

浮気と不倫の違い

浮気と不倫は、一見似ていますが、行為が発生する状況と法的な影響に大きな違いがあります。浮気は、結婚しているかどうかに関わらず、パートナー以外の人と恋愛的な関係や性的な関係を持つことを指します。不倫は法律で定められた概念であり、法律上の婚姻関係がある当事者が、配偶者以外の人と性的な関係を持つことです。

民法第770条では「婚姻を破綻させる行為」として取り扱われ、配偶者間の信頼を深く損なう行為とみなされます。不倫をされた配偶者には慰謝料を請求する権利が発生します。浮気は一時的な肉体関係に留まることが多いです。しかし、不倫はより深い恋愛関係が伴い、長期間関係が続く場合もあります。

不倫が発覚した際には、配偶者に対する不貞行為の証拠が重要です。証拠集めが行われることも少なくありません。婚姻関係を結ぶ者同士は、家庭内の信頼関係が重視されることから、不倫に対して厳しい処罰が下されることもあります
» キスで不倫は成立する?慰謝料が請求できるのかを解説!

不倫が原因で離婚する場合、法律上有効な離婚の理由となることも。裁判で離婚訴訟の事由として扱われる場合も少なくありません。
» 浮気はどこからどこまで?

浮気・不倫の発生率

浮気や不倫の発生率は、国や地域、調査方法によりさまざまです。一般的に多くの成人が生涯のうちに浮気や不倫を経験していると言われます。アメリカでは、成人の71%が不倫を経験したと報告。日本でも、既婚の53%が不倫経験があると回答している調査があります。数字で見ても、浮気や不倫が珍しくないとわかります。
» TRIP EDITOR

以下2つに分けて、浮気や不倫にどんな特徴があるかを掘り下げて解説しますので、参考にしてください。

  • 年齢別
  • 男女別

年齢別

浮気や不倫の発生率は、年代によって変わります。20代では恋愛に対する自己の位置づけや結婚への意志が揺らいでいるため、浮気が起こりやすいです。20代は恋愛の模索や試行錯誤が多く、パートナーとの関係を深める中で他の異性にも興味を持つことが多いです。

30代となると、家庭のストレスや配偶者との関係のマンネリ化により、不倫へと発展する場合があります。家庭生活への反動や、新鮮な刺激を求める気持ちが背景にあると言えます。

40代に入ると、中年の危機を迎えます。自己価値の再評価や、日常の脱却を試みるために、不倫に走ることが多いです。人生の節目における心理的な動揺が、不倫の原因になり得ます。

50代以上では、長年の結婚生活による倦怠感や性的関係の減退が、不倫の理由になるケースがあります。夫婦関係に新鮮さを取り戻そうと、外に目を向けることが要因です。
会話がない夫婦の行く末

男女別

性別によっても、浮気や不倫の発生率に差があると言われています。男性は女性と比較して浮気や不倫をする頻度が高いという統計があります。特に、20〜30代の若い男性が、浮気や不倫をする傾向が高いです。理由として、20〜30代の男性は、性的な欲求の強さが影響していると考えられています。

一方、女性の浮気や不倫の発生率は男性より低いです。しかし、最近では浮気率や不倫率が増加しています。女性の場合、30代後半から40代で浮気や不倫が増える傾向があります。感情的な結びつきや愛情を求めることが理由です。
不倫する妻の特徴

中年期の男性では、生活の安定や中年の危機感が新たな刺激を求めるきっかけとなり、不倫に走りやすいことが指摘されています。性別による浮気や不倫の傾向を把握することは、パートナーとのリスクを理解し、関係を良好に保つために有効です。

自分自身が浮気や不倫に走る可能性や、パートナーの警告サインを見逃していないか再考する契機にもなり得ます。どちらの性別であっても、相手とのコミュニケーションを重視し、関係を深める努力が重要です。

男性が浮気や不倫をするきっかけ

男性が浮気や不倫をするきっかけは、以下のとおりです。

  • 家庭に居場所がない
  • 妻に性的な魅力を感じない
  • 不特定多数の女性と遊びたい

家庭に居場所がない

家庭に居場所がないと感じることは、男性が浮気や不倫に走るきっかけの1つです。男性は家庭内で自分の立場や役割に対する満足感が低いと、外で慰めや理解を求める可能性が高まります。家庭で孤独を感じたり、存在を無視されていたりすると、心の支えを家庭の外で探してしまいます。

配偶者とのコミュニケーションがうまくいかないと感じるときも、心の距離が広がっている証拠です。親密な関係が築けないと、浮気や不倫をする可能性が上がります。家事や育児などへの参加に対するプレッシャーも、家庭内でのストレスになり得ます。

ストレスが積み重なると、心の安らぎを求めて家庭外の人間関係に目を向けやすいです。自分の趣味や興味を共有できる人が家庭の外にいる場合は、関係が深まりやすいため、浮気や不倫につながることもあります。

妻に性的な魅力を感じない

結婚生活が長くなると、夫婦間では悪い意味で関係に慣れてしまいがちです。夫としては、妻に性的な魅力を感じなくなる要因になります。コミュニケーション不足や互いへの理解不足が、性的興味の喪失につながることも。妻のスタイルの変化も原因になりやすいです。

日々の性生活に新鮮さや刺激がなくなると、性に対する関心が薄れることもあります。夫婦がカップルとしてのデートやロマンチックな活動をしなくなることも、性的な魅力を感じなくなる原因の1つです。夫が他の女性と妻を比較するようになり、性的魅力を感じなくなることもあります。

夫自身のストレスや精神的な問題も、妻に対する性的な魅力の喪失を加速させる要素です。感情的な距離感や愛情の欠如も、夫が妻に性的魅力を感じなくなる理由になり得ます。妻に性的な魅力を感じなくなることは、夫婦関係において避けがたい問題。原因を理解して、夫婦でコミュニケーションを取ることが重要です。

お互いの感情や欲求に耳を傾け、一緒に問題を解決していく努力が求められます。夫婦間の問題は、対話するときに共感を大切にしながら話すことで、乗り越えられる可能性があります。

不特定多数の女性と遊びたい

多くの男性には、冒険心や新しい出会いを求める気持ちがあります。不特定多数の女性と遊びたいと考えることが多いです。多様な性的経験への好奇心が影響しています。自己肯定感を高めるためや、男としての魅力を確認するために、複数の女性との関係を持つこともあります。

しかし性的な冒険を求める行動は、生活やパートナーに悪影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。男性が追求する冒険心や新しい出会いは、妻にとって嫌な気持ちにしかなりません。

女性が浮気や不倫をするきっかけ

女性が浮気や不倫をするきっかけは、心理的、環境的要因が複合的に絡み合うため、一概には言い切れません。しかし浮気や不倫をするきっかけとして多いのは、以下の3つが原因になっていることが多いです。

  • 夫が女性として見てくれない
  • スリルがほしい
  • 男性からのアプローチに負ける

夫が女性として見てくれない

女性が浮気や不倫をするきっかけは、自分を女性として見てもらえないと感じるときです。夫からの愛情不足や寂しさから、心の隙間を他の男性との関係で埋めようと試みるケースも見受けられます。性的魅力を感じてもらえないことへの反発として、夫以外の男性に目を向けることが起こり得ます。

自分の女性としての価値を、他の男性からの注目を通して確認しようとする女性がいるのも事実です。夫との性的なつながりが希薄になったと感じたとき、情熱や新鮮さを別の関係で求めかねません。夫婦関係の問題が顕在していることを意味します。夫婦間のコミュニケーションの改善と、互いのニーズに耳を傾けることが重要です。

スリルがほしい

日常からの脱却を望んで、スリルを求めることも、浮気や不倫の大きな要因の1つ。安定した生活は退屈さを感じるため、刺激的な体験が魅力的に映りがちです。リスクを伴う状況に対しても魅力を感じることがあり、現実逃避の一環として、恋愛行動で現れることがあります。

男性と比べると少ないですが、日常生活では得られないような緊張感や背徳感を味わいたいと感じる人がいるのが事実です。安定と刺激のバランスを取ることは難しいですが、カップルや夫婦間で別の刺激となるイベントを定期的に開催しましょう。

男性からのアプローチに負ける

女性は共感を求めますが、男性は話をするときに問題解決を目的とする人が多いです。長年のパートナーになればなるほど、男性の共感力は落ちていくため、女性としては不満を感じやすいです。心理的な弱さや寂しさを感じているときに、別の男性からアプローチがあると負けてしまうことがあります。

自己肯定感が低下している場合も、他の男性からの共感が強いと、承認欲求を満たそうとして不倫や浮気に発展することも。配偶者からの注意や愛情が減ったと感じる場合も、外部からの関心に心が傾きやすくなります。

過去の恋愛や良い対人関係を懐かしむ女性もいます。社交的な環境や楽しい飲み会での新しい出会いは、新たな関係を築きたい欲求に駆られることも。男性からの好意や関心によって自尊心が高まると、アプローチに心を動かされやすくなります

浮気や不倫が発覚したときの対処法

浮気や不倫が発覚した際には、さまざまな対処法が存在します。事実を確認し、冷静に対処することが大切です。以下の2つにわけて、浮気や不倫が発覚したときの対処法を解説します。

  • 別れたくないとき
  • 別れたいとき

別れたくないとき

別れたくないと感じたときは、関係修復に向けた対策が重要になります。具体的な対策は以下のとおりです。

  • カウンセリングを利用する
  • コミュニケーションを改善する
  • 一時的に距離を置く
  • 浮気・不倫の原因を解決策する
  • 信頼関係を再構築する
  • 夫婦間でルールを設定する
  • 信頼できる友人に相談する

問題を解決するためには、正直なコミュニケーションが欠かせません。問題が浮気や不倫にある場合は、原因を探求して、一緒に解決策を見つけることが必要です。感情が高ぶっているときには、建設的な話し合いが難しいこともあります。

どうしても解決が難しい場合は、一時的に距離を置いて頭を冷やす期間を設けるのも良い方法です。信頼関係を再構築するためには、お互いに約束事やルールを設定して守りましょう。一方的な要求にならないように、お互いが譲歩できるように歩み寄る姿勢が大切です。

法的なアドバイスを得ながら、合意に基づくルールを設けることも効果的です。金銭面で法的なサポートが現実的ではない場合は、信頼できる友人に相談する方法もあります。ストレスを適切に管理し、男女それぞれが自己ケアに注力することで、関係改善につながる可能性もあります。

別れたいとき

別れたいと感じたときは、関係を終わらせるための行動が必要です。具体的に取るべき行動は以下のとおりです。

  • 探偵や弁護士に相談する
  • 財産分与や慰謝料について情報を集める
  • 子どもの親権問題に関する考慮をする
  • 心理的サポートを得るため、カウンセリングを利用する
  • 親しい友人や家族に相談して、サポートを求める
  • 不倫相手に対する慰謝料請求の可能性を探る
  • 同居を解消するための住まいを準備する
  • 離婚協議書を作成する
  • 必要な場合は仕事や収入源の確保を計画する

離婚を考えたとき、具体的な行動に落とし込むことが重要です。法的手続きに必要な知識を集め、情報収集を始めましょう。

弁護士との相談を通じて、財産分与や慰謝料など、離婚に伴う複雑な問題についてアドバイスを受けられます。カウンセリングや信頼できる家族、友人との相談を通じて、心理的なサポートを求めることも大切です。

探偵に相談するのもありです。実は浮気・不倫問題のプロフェッショナルなのです。
対応が良かった【目的別】探偵社ランキング

住居では、新たな住まいの準備が必要になる場合があります。離婚後も安定した生活を送るには、収入の確保が重要なので、離婚協議書を作成しておくのがおすすめです。

まとめ

浮気や不倫は、パートナーに対する裏切り行為です。浮気と不倫は、婚姻関係の有無や法的な影響など、さまざまな側面で対応が異なります。年代や性別によって発生率に違いも見られます。発覚後の対処については、別れを望むかどうかで対応が変わるため、事前に適切な情報を知っておくことが重要です。

信頼関係を守って、健全な関係を維持できるのが1番なので、円滑なコミュニケーションを心がけてください。

Kiwa
妻の不倫に悩んでいるサレ夫さんに向けて、役に立てるような情報を発信しています。
読みたい内容をタップ